お灸の土

鍼灸師を目指すなら専門学校がおすすめ

お灸

鍼灸師とは、はり師、きゅう師両方の資格を持った人のことです。これは国家資格であり、その受験資格を得るためには、厚生労働省と文部科学省が指定している養成機関(鍼灸専門学校または鍼灸学校(大学))を卒業しなければいけません。
鍼灸専門学校なら3年間、鍼灸学校(大学)なら4年間かかるため、最短で卒業しようというなら、3年制の鍼灸専門学校に通うのがおすすめです。
専門学校では、主にはりやきゅう等の東洋医学について学んでいきます。その他にも人体解剖学、生理学、病理学、衛生学、公衆衛生学などの現代医学についても学んでいきます。
専門学校と大学との大きな違いとしては、専門学校では実技の時間が多いことです。実技の時間が多いということは、それだけで大きなアドバンテージとなり、確かな技術を早く身につけることができるようになります。
さらに、専門学校ならば、夜間部を設けている学校も一部あります。夜間部は社会人が働きながら通っている人が多いので、様々な年代の方がいます。さらに、夜間部は昼間部に比べて学費が安く設定されています。3年制の昼間部なら約400万円程度、夜間部なら300万~350万円程度となっています。ただし、学費以外にも教科書代等、別途必要となってきます。

鍼灸の資格を取りたいなら専門学校に進学しよう

鍼灸とは身体に鍼や灸を用いた刺激を与えて、多様な疾病の治療や、健康増進を図る技術の事です。元々は中国で発展した治療技術ですが、日本でも多くの鍼灸師が働いています。日々勉強が必要ですが、患者さんの痛みを和らげる事が出来、感謝される事も多いので、とてもやりがいのある仕事です。
貴方が鍼灸師になりたいなら、鍼灸専門学校に進学する必要があります。鍼灸師は身体の専門的な知識が必要です。知識だけでなく、実習等を通して、治療技術を学んでいく必要があります。また鍼灸学校を卒業するだけでは、そのまま鍼灸師になれるのではなく、国家試験を受ける必要があります。長い道のりではありますが、同級生と切磋琢磨する事で、乗り切れるでしょう。しっかりと勉強をしておけば、国家試験は難しいものではありません。毎年多くの鍼灸師が誕生しています。
鍼灸学校は3年制である事がほとんどですが、全日制、定時制等、学校によって違いがあります。勿論学費も異なります。貴方が地元で学びたいか、県外に行きたいか等によっても選択する学校は異なると思うので、まずは学校の事を調べてみましょう。貴方にあった専門学校がきっと見つかります。鍼灸師を目指して、専門学校の進学を目指してみませんか。

専門学校にいって鍼灸師になろう

鍼灸師になりたいと思った場合、必ず資格を取ることが必要です。鍼灸師の資格は、はり師ときゅう師の両方の国家試験を突破して初めて鍼灸師として名乗れるようになりますが、試験を受けるにあたっては養成学校で最低3年以上学び卒業することで受験資格を得られることになっています。養成学校は、鍼灸専門学校でも大学でもどちらでも鍼灸科がある学校ならば構いませんが、大学の場合には最低でも4年間通う必要があります。そのため、1日でも早く鍼灸師になりたい人や学費を少しでもおさえたい人の場合には、認定された専門の鍼灸学校へ行くのがおすすめです。
鍼灸学校では、国家試験の筆記試験対策の座学授業はもちろん、実際のスキル向上のための実技授業の時間がたくさんあります。スキルの良し悪しでその後の鍼灸師としての就職先や独立にも大きく影響しますので、鍼灸の専門学校で鍼灸についてだけをじっくり学んでいくことが上達の近道と言えるでしょう。
鍼灸学校卒業後の国家試験合格率は、9割を超える学校がほとんどです。体を相手にするため医学知識も必要ですし簡単な内容ではありませんが、真面目に勉強した暁には、一生使えるスキルを手にいれることができます。

おすすめ情報

  • 刺された二本の鍼

    鍼灸師の国家資格は専門学校を出て取得する

    国家資格を取得して仕事に出来るものはいくつもありますが、鍼灸師になるには鍼灸専門学校で学ぶのが早道になります。鍼灸学校で3年以上勉強す…

    MORE
  • 鍼灸師の男性

    鍼灸師になるには専門学校が近道!

    鍼灸師とは、その名の通り「鍼」と「灸」を用いて体の治療を行う仕事です。治療とは言っても、体の不調を治すばかりでなく、近年では美容法とし…

    MORE
  • 背中のお灸

    国家資格が必要!鍼灸師になるためには専門教育学校

    近年、医学の目覚ましい進歩によって、寿命は飛躍的にのび高齢化が進みました。しかし、それと同時に生活習慣の変化から、癌や慢性疾患…

    MORE
  • 受けつけ

    同じ志を持っている人物と学べる鍼灸学校

    色んな専門学校がある中、鍼灸に関する専門学校も存在しています。鍼灸を学びたいと考えている人にとって、少しずつ関連している知識やスキルを…

    MORE

記事リスト